FC2ブログ

再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体   にほんブログ村 島暮らし
ヤシの葉影 (1)-vert
______________________________
2012/5/13      GWの終了とともに日本から戻ってきて、この1週間、留守中に溜まった雑用に追われていましたが、
               昨土曜日は朝から抜けるような青空。
               ご覧のようにヤシの葉影が芝生にくっきり、海はべた凪とあって、
               矢も盾もたまらず、愛艇のトレーラーをトラックに繋いで、いざ出動!
               環礁の外に投錨して、スノーケリング、釣り、貝取りを楽しみました。
               あいにく潮回りが悪くて透明度はいまいち、おまけに午後からは風波が立って、
               条件は必ずしも良くはありませんでしたが、
               青空に浮かぶ綿のような雲を仰ぎ見ながら、大海原を渡ってくる風に吹かれているだけで、
               旅の疲れも仕事の筋肉痛も一気に吹き飛んでしまいました。
               先月初め、北海道から知人のM氏とHさんが来てくれて、
               一緒に出て以来ですから1か月半ぶりの海でした。
真っ白な雲 (1)

               ところで、先般の検査結果ですが、PSAは前回より0.7ほど上がって、2.3でした。
               この1年間、リューブロン以外、薬は一切使っていないでこの数値なのですから、
               上々の結果と受け止めていいでしょう。
               この6月で、前立腺癌に罹患していることがわかってから丸4年、
               再燃を自覚してからは1年半になります。
               思えば昨年7月20日の検査では11.501と、再燃後、最高数値をマークしました。
               そのときは「もはやこれまでか」と、内心覚悟をしたものでした。
               ところが、3か月後、一転してひと桁台になり、以後は低値安定で推移しています。
               うれしいことですし、ありがたいことです。
               「何かしているんですか? 何か秘密でも?」
               先ごろ古巣の大学病院に転勤した主治医は、
               「今まで随分多くの患者さんを診てきたが、あなたのような経過を示す患者は初めてです」
               と、驚きを顕わにしていました。
               下の表は、この1年間の検査結果の推移をまとめたものです。
               今回、リンパ球が三度続落し、血糖値、総コレステロールが上昇しているのは気になるが、
               主治医は「この程度の数値なら問題ない」とのコメントでした。
過去1年間の検査データ

             
スポンサーサイト

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。