FC2ブログ

再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体   にほんブログ村 島暮らし
______________________________
2012/9/23      20日の夜、成田を発ち、グアムで夜明かしした後、
               21日、島に戻ってきました。
               残暑が厳しかった日本よりよほど涼しく爽やかで、
               折から週末だったこともあり、この2日間、ゆっくり休んで旅の疲れを吹き飛ばしました。
               さて、去る12日に行った検診の結果ですが、
               下表のとおり、PSAは1ポイント強上昇してしまいました(右端の太字部分が今回の数値)。 
         過去1年半の検査データ

               前回の検診から5か月近く間があいてしまい、もしかしたらと案じてはいましたが、
               それが現実のものとなってしまったわけです。
               癌はやはり手強いです。一筋縄ではいきませんね。
               でも、PSA以外の他の数値は悪くなく、体調も引き続き良いのは救いです。
               今回、日本に行く2か月ほど前に馬ぶどう酒が底をつき、
               実だけが残っている状態だったので、手持ちの焼酎を継ぎ足して飲んでいました。
               それにリューブロンの効き目が切れた状態が2か月近くありました。
               それらが影響したのかもしれないと思っています。
               主治医は「次回またPSAが上昇したら抗がん剤の使用を再検討する必要がある」
               と言っていましたが、PSA値に一喜一憂させられるのもどうかと思いますし、
               私にはやはり抗がん剤に対する徹底した不信感があるので、
               その気にはなかなかなれません。
               姪と姪の友人が漬け込んでくれた馬ぶどう酒を今回たっぷり持ち帰りましたので、
               それを毎日欠かさず飲み、来年1月中旬の次回検診に備えようと思っています。
               加えて、馬ぶどうの葉を天日干しして煮出したお茶も効果があるそうなので、
               それも飲用することにしました。
               そんなわけで、このブログもまだしばらくは幕を下ろすわけにいかなくなりました。
               経過を今後も発信してまいります。
               馬ぶどう酒

              
スポンサーサイト

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。