再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体   にほんブログ村 島暮らし

南の島から
______________________________
2012/10/28     最近、東京に住む姪から私の体調を心配するメールが届きました。
               そのメールには、彼女の母(つまり私の姉)が、
               「最近、叔父ちゃんから何の連絡もないので母が甚く案じています。
               たまには近況を知らせてあげてください」とありました。
               先月の検診の後、私が姉に電話しなかったのは、ほかでもありません。
               煩わしかったからです。
               姉と話せば、PSA値が上昇したことを言わねばなりません。
               姉は当然、心配します。
               でも、だれにどう案じてもらっても、こればかりはどうにもなりません。
               電話しても姉は在宅していないことがままありますから、
               理由はあとからどうにでもつけられます。
               で、無連絡のままこちらに戻ってきてしまったのです。

               結果が良いときは気が楽なのですが、逆のときにはどう話せばよいかと気が滅入ります。
               私本人は、PSAのアップダウンをいちいちそれほど気にする必要はないと思っていて、
               「どこか調子が悪いとかいうならともかく、元気ならいいんじゃないか」
               という考えですが、周りの人たちはそうはなかなか受け止めてくれません。

               一般的に、癌や不治の病と言われる難病に罹患した場合、
               本人だけでなく近親者や友人など、身近な者はとかく悲愴に陥ります。
               かくいう私の場合もそうでした。初めは。
               しかし、だんだんと明日を思い煩い今日の不安に生きるか、今日を尽くして明日を待つか
               その姿勢の違いによって日々が変わってくることに気がつきました。
               生あるかぎり前向きに、ひたすら前向きに、生きていきたいと思います。
               こんな美しい南の島にいられるだけで充分幸せなのですから......。

              
              
                    
スポンサーサイト

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。