FC2ブログ

再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体

PSA時系列グラフ#2
___________________________
2016/08/30     先週の金曜日(26日)、今月の初めに採血した血液検査の結果と薬の処方、
             リュープリンの注射を打ってもらうために、病院に行ってきました。
            結果は、PSA 4.47
            前回、5月23日に採血したときが3.58でしたから、わずか70日余でまたまた逆戻りです。
            主治医からは、副作用がきついことを理由に毎朝1カプセルしか服用していない私に、
            通常の朝晩服用にしてみてくださいと指示がありました。
            否応もありません。
            これまで、カソデックス、オダインと、抗男性ホルモンを服用してきて、その効果が失せ、
            昨秋から女性ホルモン剤に切り替えたばかりです。
            こう早々と女性ホルモン剤の効果がなくなったのでは、次の打つ手が一気に狭まってしまいます。

            これを機に、私が前立腺がんに罹患してから現在に至るまでの8年間のPSA値の推移と、
            それぞれの薬の服用期間をグラフ化してみました(上図)。
            カソデックスが37か月、オダインはそれよりも1年長く49か月、効果がありました。
            エストラサイトも、できれば同程度、効果が持続してほしいところです。
            この後、選択肢として残されているのは、
            昨秋、副作用がひどくてすぐに中止した同じ女性ホルモン剤のプロセキソール、
            それと抗アンドロゲン剤のイクスタンジ(エンザルタミド)ぐらいなものですが、
            イクスタンジの薬価は1カプセル\3,138と高価で、通常1日4カプセル服用となると、
            1か月(30日)で\376,560、3割負担としても\112,968、到底、現実的ではありません。
            いよいよとなれば、ドセタキセルやカバジタキセルといった抗がん剤になるのでしょうが、
            QOL(生活の質)を落としてまで生きたいと思っていない私には、
            最初から選択肢外です。
            あと、抗男性ホルモン剤は、一度効果がなくなっても、いったん中止後、再使用すると
            再度、効果が復活することもあるということなので、
            試してみようかな、などと考えています。

            初めのうちは効いていた薬に対しても徐々に抵抗力をつけ、去勢抵抗性となるがん、
            いたちごっこでホントに厄介な病気です。
            
スポンサーサイト

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR