再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体

春満開

___________________________
2017/4/25    先日、採血した結果を聞きに、病院に行ってきました。
           結果は、
           PSA 24.83
          前回(1月20日)の検査時より7ポイント強も上昇してしまいました。
          しかし、体調は決して悪くないのです。
          女性ホルモンを服用していた昨年よりも、むしろ現在の方が、はるかに調子が良く、
          PSAが上がったという実感が全くありません。
          主治医から知らされるまでは、前回より下がっているのではないかと思っていたほどです。

          PSAの値は、必ずしも病状として即身体の異常に表れるものではないようです。
          とはいえ、このままPSAの上昇を放置するわけにもいきませんので、
          今回から罹患当初に服用していたカソデックス(ビカルタミド)に変えることになりました。

          次の検診は来月15日です。
          気候も暖かくなって戸外に出るのが快い季節になったので、
          せいぜい運動して体力増強に励み、かつカソデックスの効果を期待したいとところです。

          
スポンサーサイト

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。