FC2ブログ

再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体
珠玉
Photo by Gillian
___________________________
2017/07/05    拙ブログをご覧くださった方からコメントを頂戴しました。
           2か月以上も前にいただきながら、迂闊にも気づかず、昨日やっとお礼の返信をしました。
           示唆に富んだ内容ですので、以下ご紹介させていただきます。

           「盲亀の浮木」
          > > 人とのつながりは盲亀浮木の如く。
          > > 大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
          > > たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首を入れるという仏教の寓話があります。
          > > 言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

          > > このように考えてみると、
          > > 血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
          > > 生まれてくることは、両親がいます。
          > > 両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
          > > 10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
          > > 20代前だと100万人!!
            
          > > そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないのです。
          > > 奇跡的なことのように思えます。感謝の心は常に大切にしていきたいです
          > > 「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
          > > 先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

          無限とも言える広大な宇宙の規模から見れば、点にも満たないちっぽけな惑星・地球。
          そこに、さまざまな動物や植物、生命が誕生したこと自体、奇跡なら、
          我々人間が生を得たこともまた、奇跡以外の何物でもないでしょう。
          生命の尊さを思い知らされます。


スポンサーサイト

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。