再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミスガイ
ミスガイ(横須賀市長井港で) 
___________________________
2017/08/29    発病して10年目を迎えた今年の夏は、今まで経験したことのないだるさ、倦怠感に
           悩まされたシーズンでした。
           毎日、暑い日が続いたうえに、
           奥歯の1本に歯槽膿漏の兆候があって歯茎が痛み、気がふさぎ、
           食事もおいしく食べられないせいかと、最初は思っていましたが、
           歯の治療が終わった後も後頭部がボーっと熱を帯びて、いつも不快感が拭えず、
           睡眠時はアイス枕と導眠剤の世話にならないと眠れない有様でした。
           カソデックスによるホットフラッシュの再来が原因かと思い至り、
           7月下旬、新たに桂枝茯苓丸を処方してもらい、
           数日前からやっと気力、意欲が回復してきた感じで、
           今朝は久しぶりにウオーキングをしてきました。

           今月21日に採血した結果を聞きに、昨日、病院に行ったところ、
           PSAは前回より2ポイント余上がって、14.71でしたが、
           大した変動ではないので、このまま次回(11/13)まで様子をみましょうということで、
           カソデックス、桂枝茯苓丸、猪苓湯を処方してもらって帰ってきました。
           明々後日からは9月、暑さも次第に和らいでくると思うので、
           心新たに、また体力づくりに励みたいと思っています。
スポンサーサイト

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。