FC2ブログ

再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体   にほんブログ村 島暮らし

ポーメリア

______________________________
2014/12/26     2014年も間もなく終わろうとしています。
            私たち夫婦にとって今年はまさに激動の年でした。
            妻が体調を崩し、急遽、日本に戻ったのが昨年12月。
            今年1月には子宮がんに罹患していることが判明、
            以来、5か月以上にわたって抗がん剤の投与と放射線による治療を受けてきました。
            その結果、なんとか治癒したものの、再発、転移に備え、2か月ごとの通院は必要とのことで、
            7月、夫婦そろって慣れ親しんだ南の島を離れ、日本に帰国することにしました。
            
            この5か月間は、日本での落ち着き先を探し、生活の基盤を整えるべく奔走する日々でした。
            携行できる必要最小限の身の回り品だけしか持ってこれなかったために、
            文字通りゼロからの出発でした。 
            長期にわたってブログの更新もしなかったので、拙ブログの読者のなかには、
            「南の島のG」もついにおさらばしたかと思われた方もおいでかと存じますが、
            どっこい、まだしぶとく生きながらえております。

            7/24、帰国直後に行った検査では、
             PSA    5.3(前回4.6)
             リンパ球 17.8%(前回16.9%)
            という結果でした。
            他の数値は、ほぼ基準内。
            10月に行った検査もほとんど変動はありませんでした。

            相変わらずの上下動ですが、罹患して6年半にもなると、
            もう慣れっこで、あまり数値は気にならなくなります。
            体調が良ければそれでよし、
            最近ではそう思っています。
            来年からは、今まで面倒をみてもらっていた主治医の紹介で、
            住まいに近い総合病院の医師のお世話になることにしました。
            1/5が初の診療日です。
            結果は追って本ブログで報告させていただきます。

            余談ですが、ブログのタイトル「南の島のG」を改題しなくてはと思っています。 
   
             
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigedako.blog38.fc2.com/tb.php/50-6fcc5939

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR