FC2ブログ

再燃前立腺ガンとの闘い 南の島のG

前立腺ガンが再燃した場合、残された選択肢は少ない。化学療法によってわずかな延命を得る道を選ぶか、より高度な先進医療を受けるか、それとも・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 前立腺がん   にほんブログ村 心と体

Blue sky

___________________________
2017/3/4    年末から2年半ぶりに南の島に「里帰り」し、孫たちと楽しい時間を過ごしてきました。
          私と同じ病気だった現地の知人の一人は、奥さんの故国タイ・バンコクで療養中、
          1年前に他界、もう一人は私が訪島する1か月前に亡くなったと聞き、愕然としました。
          私だけが生き残されている気がして、否応なくその意味を考え込まされてしまいました。

          帰国直後、採血し、先月出た結果は、
          PSA17.74 と、前回より5.5ポイントほど上昇していました。
          しかし、体調は決して悪くないことを告げると、
          主治医は、1日2錠服用しているオダインを3錠に増やして、
          来月の次回検診まで様子をみてみましょうか、ということになりました。
         
          昨日、このブログを見てくださった方から貴重なご意見をいただきましたので、
          次の検診で、そのことも主治医に伝えて、早速トライしてみようと思っています。
スポンサーサイト

コメント

感謝の心を持って手を合わせて幸せ

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

Re: 感謝の心を持って手を合わせて幸せ

> 「盲亀の浮木」
> 人とのつながりは盲亀浮木の如く。
> 大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
> たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
> 言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。
>
> このように考えてみると、
> 血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
> 生まれてくることは、両親がいます。
> 両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
> 10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
> 20代前だと100万人!!
>
> そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
> 「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
> 奇跡的なことのように思えます。
> 先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

貴重なコメントを頂戴し、ありがとうございました。
と同時に御礼の返信が遅れて失礼しました。
お詫び申し上げます。
おっしゃることは、小生も常々、肝に銘じているつもりですが、
「命をつなぐ」
改めてその重さを噛みしめております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shigedako.blog38.fc2.com/tb.php/67-d044375b

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

shigedako

Author:shigedako
ミクロネシア在住中の2008年6月、66歳のとき排尿困難を機に前立腺がんに罹患していることが判明。グリソンスコア5+4=9、坐骨と両肩に転移、病期D2と診断される。
以後、3~4か月ごとに日本に戻り、ホルモン療法を受けるも、2010年12月、PSA値が再上昇。
現在、南の島の大自然のなかで自己免疫力を高めるべく奮闘中! 

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。